桐林リサイクルセンターはリユース(再利用)促進活動を行っています

桐林リサイクルセンターとは?

燃やすごみの減量のために、不要となったが「まだ使える物」について、再使用(リユース)を促進するための活動を行う施設です。また、環境に関する学習を開催しています。

リサイクルセンターは、2011年4月に桐林クリーンセンターの敷地内に開設されました。施設を利用できるのは、桐林リサイクルセンター構成市町村にお住まいの方です。

構成構成市町村
飯田市・松川町・高森町・阿南町・阿智村・平谷村・下條村・売木村・天龍村・泰阜村・喬木村・豊丘村・大鹿村
不要物品のリユースについて
下記の2通りの方法で行っています
リサイクルセンターでの展示取扱い(有料)
住民の方がリサイクルセンターへ直接持込んで頂き、展示及び引渡又は処分をリサイクルセンターが行います。
リユースデータバンクを利用(無料)
リサイクルセンターでは、不要品の登録・掲示を行います。(取引自体には関与しません)